読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキナモノート

SEOやマーケティング、WEB系に役立つ情報を発信しています。好きな事を中心に、文房具の記事もたまに。

東京都北区赤羽出身の私がカメラ片手に赤羽の街を歩いてきたレポート。ディープな街の今と昔。

赤羽
このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事は書き足しと修正をしています。完全版はこちらです↓

【完全版】東京都北区赤羽出身の私がカメラ片手に赤羽の街を歩いてきた。 - スキナモノート

 

東京都北区赤羽には埼京線、京浜東北線。高崎線、宇都宮線、湘南新宿ライン。そして東京メトロ南北線が乗り入れ、交通の便はかなり良い。
また、林家ペーパー夫妻在住。エレファントカシマシの出身地。2ちゃんねるのひろゆき氏が住んでいた等、いろんな意味で話題の街です。
最近では「山田孝之の東京都北区赤羽」の放映もあり、さらに注目を集める赤羽。


山田孝之の東京都北区赤羽:テレビ東京

 

赤羽の本屋さんではこんな特集コーナーをよく見かけます。赤羽の人は赤羽が大好きです(皆かは分かりませんが)

f:id:tubamenote:20150225155026j:plain

私はそんな街赤羽で生まれ育ちました。私自身も赤羽が大好きです。そこで、時間も少し出来たので、赤羽の街を改めて歩いてみようと思いました。
思い立ったが吉日企画なので、これがない!あれがない!と言う事もあるかも知れませんが最後まで読んでいただければ嬉しいです。

赤羽といえば、やはり多くの飲食店があります。今ではチェーン店等も数多く存在しますが、その中でも昔ながらの飲食店を中心に回ってみようかと思いました。
前置きはこの位にして、それではスタートです。

まずは赤羽駅東口。結構大きな駅です。迷う程ではないですが、駅の中にはエキュートも入っています。今では線路が二階に上がり、西口の方に通り抜け出来ますが、昔は踏切があり、「開かずの踏切」と恐れられていました。

f:id:tubamenote:20150225155150j:plain

その向かい側はこんな感じです。この辺りはチェーン店が数多く店を構えています。手前の看板に書いてある馬鹿祭りは赤羽最大のお祭り。昔よりはこじんまりとしてしまいましたが。

f:id:tubamenote:20150225155110j:plain

 直進はせずに左に曲がるり少し進むと、1番街の入り口があります。ここは赤羽の中でもかなりのディープスポット。1番街の上のマスコットの名前はあいちゃん。

f:id:tubamenote:20150225155907j:plain

中に入り少し進むと、知る人ぞ知る飲みや横町、OK横町があります。ここも入れ替わりがあるようですが、昔ながらのお店が数多くあります。好きな人にはたまらない風情があります。

f:id:tubamenote:20150225160342j:plain

多くの店先に「山田孝之の東京都北区赤羽」のポスターが貼ってありました。

f:id:tubamenote:20150225170151j:plain

OK横町を抜けると、そこには明店街があります。定休日でシャッターの閉まっている手前のお店は、孤独のグルメでも紹介されていたうなぎ屋さんの川栄があります。放映当時は行列も出来ていました。今でも混んでいてなかなか入れない。その奥には魚屋さんがあったのですが、今では飲食店のようです。

f:id:tubamenote:20150225160931j:plain

明店街の左横にあるのは

f:id:tubamenote:20150225161127j:plain

BOOWYのシャッターで有名な「元テムズ」があります。昔はCD屋さんだったのですが、今はどうなっているのでしょうか。また訪れてみたいと思います。でも、看板が当時のままだったのでテンションが上がりました。

さてさて、元テムズさんを右に進みます。ここにあるのは、THE赤羽と言っても過言ではない、まるます家があります。いつ行っても繁盛しているお店です。撮影時は昼間だったのですが、満席で多くの人が飲んでいました。

f:id:tubamenote:20150225162029j:plain

まるます屋の角を右に見ると1番街の中。昔は商店が並んでいましたが今では飲食店が多く並んでいます。

f:id:tubamenote:20150225161632j:plain

反対の左側には1番街が続きますが、今回は直進します。ちなみにカクヤスの看板があるお店は昔ザ・プライスと言うディスカウントショップでした。

f:id:tubamenote:20150225162410j:plain

先に進むと、そこにあるのはシルクロード。いわゆるアーケードです。昔は商店等があり、少し前にはほとんどの店がシャッターを閉めていたのですが、飲み屋通りとして再生しています。昼間は閑散としていますが夜にはにぎわいを見せています。

f:id:tubamenote:20150225162636j:plain

そのシルクロードの手前にあるのが、こちらも有名なおでんやさんの丸健水産。先日NHKの番組、ドキュメント72時間でも取り上げられていました。こちらも昼間から飲んでいます。オリジナルの練り物全部美味しいのですが。私のオススメはんぺん。それと、日本酒をおでんの出汁で割る、出汁割りと言うのがけっこうイケると評判です。まだ試した事はないのですが、今度飲んでみようと思います。

f:id:tubamenote:20150225163416j:plain

シルクロードを抜けるとここにもここ数年で出来た飲み屋が沢山あります。少し先に進むと、うなぎ屋の老舗。埼玉家があります。赤羽がうなぎ屋さん多いです。

f:id:tubamenote:20150225163757j:plain

ここをまっすぐ進んでしまうと駅に戻ってしまうので、少し戻り右に曲がり進むと、喜楽坊があります。昔は長崎屋がありました。ここは昔ながらと言う訳ではありませんが、たまに行ったりするお店です。特にランチはオススメ。

f:id:tubamenote:20150225164047j:plain

その左の道を進むと、赤羽の子供達が大好きな(今の子供は分かりませんが)プラモデルショップのヤマナカがあります。他にも玉屋と言うおもちゃ屋さんがあったのですが今では飲食店になっています。

f:id:tubamenote:20150225171618j:plain

少し道は外れますが、先の信号を渡ると、ステーキのお店、COWBOYがあります。肉の固まりが食べたい時には迷わずにここへ。厚切りのステーキが食べられます。店の感じは荒そうですが、店員さん接客もしっかりしていて気持ち良いです。

f:id:tubamenote:20150225171748j:plain

先ほどのヤマナカ方面に戻り、少し進んで路地を入ると、セキネがあります。ここはシューマイと中華まんのみを扱うお店。他にも細々した物は売ってるかも知れませんが)ちょっと小腹が空いたら、セキネの中華まんオススメです。

f:id:tubamenote:20150225171953j:plain

もう少し歩いた部分があるのですが、時間が来てしまいましたので今日はここまで。続きはこの記事に書き足していくか、新しい記事を書きたいと思います。

 

とりあえず締めとして、

いかがでしたでしょうか?赤羽。都会のようにキレイな街ではありませんがとても魅力ある街です。少しは伝わったでしょうか?だとすれば嬉しい限りです。今回は割と有名な所を歩いたのですが、まだまだこんなものではありません。またまた時間があればカメラを片手に出かけていきたいと思います。もし、ここ今どうなってるの?なんて言うのがあればコメントやツイッターで連絡をしていただければ見に行ってきます。

簡単ですが今回行った場所の大体の目安マップを作りました。あえて、どこに何があるかは書いていませんが、もし赤羽に来る事があれば、このマップを片手に宝探しのように歩いてみてはどうでしょうか。※今現在の記事は赤羽小学校周辺迄です。

f:id:tubamenote:20150225173047j:plain

今回思ったのは、やっぱり私は赤羽が好きです。

最後までお読みいただきありがとうございます。感謝

f:id:tubamenote:20150225173525j:plain

 

ぴあ赤羽十条食本2015 (ぴあムック)

ぴあ赤羽十条食本2015 (ぴあムック)