読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキナモノート

SEOやマーケティング、WEB系に役立つ情報を発信しています。好きな事を中心に、文房具の記事もたまに。

50年続く老舗カレー屋さん上野DELHI。暑い夏にこそ食べたい癖になる辛さ。

上野 食・酒
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のお題「夏の食事」

 

私は夏と言えばカレーを食べたくなります。カレー自体は好きで結構一年中食べるんですが、暑い時のカレーって最高なんですよね。 

と言う事で先日の天寿々に続き上野のオススメ店。カレーの老舗「DELHI」デリーさんをご紹介します。なんとこのお店の50年以上も続く老舗。カレー屋さんで老舗と聞くと日本風のカレーを想像しがちですが、デリーでは本場のインド・パキスタン系の老舗。

■目次

f:id:tubamenote:20150805025707j:plain

カレー好きの間では知る人ぞ知る有名なお店で、銀座や六本木にも店舗があります。人気もあり行列の出来る程。店内は17席とこじんまりとしていてあまり席には余裕のない感じの店内ですが皆さんカレーに舌鼓を打っています。

特に人気なのは激辛のカシミールカレー。以前に一度食べる機会があったのですが本気で辛かったです。辛い時に口から火が出るとよくいいますが、本当に火が出そうな位に辛くてしびれる。皆さんその辛さに魅了され癖になる方が多いようです。辛いのが好きな人には是非おすすめです。苦手な人には本気でオススメ出来ません(笑)

老舗人気店のこだわり

先ほども書きましたが、私はカレーが好きで本場インド系のお店にも何店舗も行った事がありますが、デリーさんのカレーは他とはあきらかに違います。一口にインド系と言っても一括りに出来ないようなオリジナルの味の追求を感じます。

デリーの公式HPを見ていたらこんな事が書いてありました。

デリーのカレーには、リンゴやにんじん、ジャガイモといった食材がとけ込んでいます。欧風カレーでは一般的で、インドカレーでは使われない食材ですが、ご飯に合う欧風カレーのエッセンスを取り入れるために、研究・試作を重ね、デリーのカレーの調理方法として採用されました。また、タマネギの炒め方にも工夫をしており、胸焼けしないスッキリとしたカレーに仕上げています。

デリーのカレーが美味しい7つの理由/カレーとインド料理・パキスタン料理のデリー

インドだけでなく欧風や日本人の感覚を取り入れて作られているようです。他の理由を見ても、老舗として人気が続く理由もこのようなこだわりにあるのんだなたと感じます。

コルマカレーを食べました。

さて、先日デリーを訪れた時に私が注文をしたのが、こちらもお店の人気メニューのコルマカレー。950円

f:id:tubamenote:20150805025728j:plain

色からして黒いです。ルーはデリーの他のカレーに比べるとトロみがあります。具材はチキンやジャガイモ。最初に口に入れた時にビターチョコレートかと思う位にコクがもの凄く広がります。野菜の甘みなのでしょうか。これがカレー???と言うような不思議な感覚に陥り、その後に一気に辛さがやってきます。一瞬でもカレーかと疑ってしまった逆襲を受ける訳です(笑) 頭皮から一気に汗が吹き出す感じです。

コルマカレーは辛さ★★ですがカシミールカレーよりは辛くありません。しかし普通に辛いです(笑) ちなみにカシミールカレーは辛さが五つ星★★★★★

写真の奥に映っているのが(ボケていますが)デリーカレー 辛さ★ 850円
こちらも具材は同様。ルーはサラサラでスープのような感じです。こちらも辛いとは言えますが普通に辛いねと言いながら食べれる程度の辛さです。余り辛いのが得意ではない方はこれやベンガルカレーの方が無難かも知れません。

今回写真を撮り忘れてしまったのですが、トッピングとしてタマネギとキュウリのピクルスのようなものが自由に取れるように各席に置かれています。特にキュウリの方は辛さの箸休めにはちょうど良い感じ。

上野上野と書いていますが、JRからは御徒町が最寄りになります。御徒町駅を降りたら広小路方面に向かい、広小路の交差点もそのまままっすぐに進んだ所にあります。時間的には10分位でしょうか。

暑いのにわざわざ辛い物食べたくないと思ってしまうのですが、そんな時こそついつい食べたくなるカレー。上野でカレーを食べたいと思ったらデリーさんオススメです。

カレー・辛さ好きの方は是非。

広小路の交差点の所には260年以上続く凮月堂の源流とも言うべき上野凮月堂があります。またデリーの道路を挟んだ向い側には「みつばち」と言う甘味処があります。こちらも創業100年の老舗。辛い物を食べた後には甘い物をと言う方は訪ねてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。感謝