読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキナモノート

SEOやマーケティング、WEB系に役立つ情報を発信しています。好きな事を中心に、文房具の記事もたまに。

昨日の記事に隠された裏エピソードを公開

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:tubamenote:20150412152553j:plain

昨日の記事が多くの人に読まれたのは、とても嬉しいです。先ほど確認したら、369ブクマ。これには自分が一番驚いています。
もちろん記事を書くからには、多くの人には読んでもらいたいと思っています。
ですが、ここまで数字が伸びたというのは予想外でした。正直に言うと、10ブクマ付けば良い方かなと。

 

www.sukinamonote.com

 

今回は、昨日の記事が生まれた裏エピソードというか、ある人との交流があったと言う裏側を交えて書いていきます。

みなさんにも何か感じるものがあれば嬉しく思います。

新人営業マンとの出会い

「ある人をイメージして書くと良いですよ。」と以前の記事で書いたのですが、昨日の記事もある人をイメージして書いたものでした。

その人というのは、私を担当してくれている、ある会社の営業さんです。
かれこれ三年ですかね。ずっと一生懸命に仕事をしてくれていました。

三年前に初めてあった時には、まだ新入社員で、営業経験もなければ、人と話すのも苦手。

最初の印象は「大丈夫かな~」というものでした。

でも本当頑張り屋さんで、私が少し無理をいう時もあるのですが、真剣に取り組んでくれていました。ミスをする時もありましたが、そのミスをカバーする程に動いてくれているので、いつも感謝をしていました。

仕事の楽しさ

以前、彼と飲みに行った時の事に、

「営業の仕事も覚えてきて、人と話す事も苦にならなくなってきた。今は営業が楽しくて仕方がない」

そんな事を嬉しそうに話す彼がいました。

私のおかげだと何度も何度も言ってくれましてね。お酒の影響もあったのか、私もちょっと涙腺がゆるみましたよ。

私自身も彼の成長を見るのが楽しみであったんでしょうね。

新たな仕事

先月になるのですが、彼から相談があると言われて、また飲みに行くことになりました。そこでの話は「来年度から、営業を外される」と言うことでした。

急に言われて混乱や動揺をしていたのもあると思いますし、営業の楽しさを分かってきたのに、仕事から外されるということでショックを受けていました。

そして、次に所属するのが「WEB担当」だったんですね。

彼はWEBの知識はありません。普段をネットを少し見るくらい。

「どうして僕がWEBの仕事をしなければいけないんだ」

と不満ももっていたようです。
営業をしてきた三年間も無駄になってしまったという気持ちもあったのだと思います。
営業職ではありませんが、私も昔そういう事があった時に感じたんですけどね。今となっては良い経験でしかないですが、その当時は心中穏やかではありませんでしたね。

「WEBも営業みたいなものだから」「なんでも無駄な事はないからチャレンジしてみよう」そんなありきたりの事しか私には言えませんでした。彼の営業に対する気持ちを聞いていただけに。

彼へのメッセージ

昨日の記事はある意味、彼へのメッセージでもあったんです。

ただ、実際に彼にブログの記事をみせたわけではありません。

彼だけではなく、同じように思ったり、考えている人はいると思います。そういう人に向けて記事を書いていました。WEB関係の仕事だけではなく、ブログやアナリティクスを始めたばかりの人にも。

もっと内容を濃くする事は出来ましたが、初心者でも分かるように、寄り添って書いたのが多くの人の共感を生んだのでしょうか。

彼からのメッセージ

私はこのブログを友人知人には公開をしていません。ですが、大きくシェアをされたので、何か彼のきっかけにもなればと思い、昨日の記事を教えました。

そして、先ほど彼から電話が来たのですが、

「ありがとうございます。勇気をもらえたました。WEB担当者として頑張ってみます」と電話で話してくれました。

私の記事だけでは、ただの知識を得るだけに過ぎなかったかもしれません。

ですが、多くの人にシェアをしてもらえたおかげで、彼にも勇気を与えられたと思うんです。

私が彼に教えたというよりも、皆さんのおかげだと思っていますし、また、彼の事や、今回の記事で、私自身も大きな教えや気付きを得れました。

本当に皆さんに感謝致します。

メッセージへの反応

やはりあれだけシェアをされるといろいろな反応がありました。その中から自分なりに感じた事を書いていきます。

WEB界隈

ツイッターやブクマコメで、何人かのWEB関係の人がコメントをしてくれていたのですが、アナリティクスを知っていれば知っているほどに、昨日の記事が多くの人にブクマされたのに驚いたと思います。

あんな記事で?と文句を言いたい人もいるかも知れません。

でも逆に、あの記事の反応からいろいろな気付きや、感じた事もあったのではないでしょうか。

もしかして、ほんの一部かも知れませんが、業界にさざ波がたったかも。そんな気持ちもあるくらいに、私も本当に驚きました。

でもそれは私の価値観であったり、知っている側の人間の反応であって。知らない人からしたら、ここが知りたかった。かゆい所に手が届く。そんな風に感じる、良い記事であったのだと思うと、素直に嬉しく思います。

今回、この部分はすごく学べたと思っています。そして、大事にしていきたいと感じました。

ニュース・トピックス掲載

googleで「googleアナリティクス」と打ち込んで調べたのですが、ニュース・トピックの方にも載せていただいていました。

他のニュースを見ると、ASCIIやマイナビニュース、ウェブ担当フォーラム、GIGAZINE等、いつも見ている名前ばかり並んでいる中に、私の記事があると言うのは、感無量であります。

f:id:tubamenote:20150412152000j:plain

 

想い

私は以前からSEOの記事を書く時に、WEBにも想いを込めるのは大事なのではと書いてきました。

WEB上では、ただの文字かも知れませんし、思ってもいない事も書けます。

ただ、そこに想いがあるのかどうかというのは、大切だと考えているんです。

何も考えずに、初心者に向けての記事であれば、ここまでのシェアは望めなかったのかもしれません。
そこに彼へのメッセージという想いがあったからこそ、多くの人に感じとっていただけたのではないか。
これはアナリティクスのように数値では表せないので、実際にどうかは分かりませんが、私としてはそうであってほしいと思いますし、今回の記事である程度実証出来たのではないかと感じています。

まだ確固たる決め手というのはありませんが、これからも想いを乗せて書いて行きます。

最後に

今回は、本当に皆さんへの感謝でいっぱいです。

そして、このきっかけをくれた、彼にも感謝です。

これからまた、新しく覚える事はたくさんあって大変だと思います、でもその中には必ず喜びがあります。どんな仕事であっても、努力し続けられる彼であれば、良いウエブ担当者になれると思っています。

いつか、飲みながらWEBの話をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。感謝