読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキナモノート

SEOやマーケティング、WEB系に役立つ情報を発信しています。好きな事を中心に、文房具の記事もたまに。

Webマーケティングで知っておきたい初級用語

SEO SEM
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:tubamenote:20150409032823j:plain

今回は、これからWebマーケティングを学びたい人が覚えておいた方が良い用語を、簡単にではありますがご紹介します。 
SEOと言うのは誰でも聞いた事があると思います。Webに余り詳しくない人だと、Webに関する全てがSEOだと思っている人もいます。
しかし、SEOだけではなく、こんな用語もあるんだよって言うのをまとめてみました。
基本的な用語だけですが、参考になればと思います。

SEO

Search Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化。

サーチエンジンの表示において、上位に表示されるように工夫する方法をSEO対策といいます。ユーザーがどんなキーワードを検索した時に、訪れてほしいのかを考えながらサイトやブログを作る事によって、的確な集客が出来るようになる。基本中の基本なのでしっかりと勉強をしましょう。

 

LPO 

Landing page optimizationの略。ランディングページ最適化

検索やリスティング広告によって訪れたユーザーが最初に見るページの最適化。検索やリスティング広告から訪れるユーザーというのは、目的があって訪れます。訪れる先のほとんどが商品ページや記事になります。
検索や広告からトップページに来ると言う事はそこまでありません。それこそビッグワードで上位に表示されてない限りは商品ページや記事にユーザーが訪れます。
また、広告からのアクセスでも、商品の広告を貼っているのにトップページにリンクを貼ってしまう事はマイナスでしかありません。広告を押したら広告の商品が説明、販売されているページにリンクを貼ります。

ユーザーが第一に訪れるページには、より詳しい説明や商品の魅力。写真や動画等、ユーザーに、商品を欲しいと思わせるように作り込んだページ制作する方法がLPO。
テストやPDCAを繰り返し、コンバージョン率を高める為の作業も重要です。

 

EFO

Entry Form Optimizationの略入力フォーム最適化。

ユーザーが最終的に購入や登録をする時にはフォームへの入力は欠かせない。ユーザーが購入を決めたのに、フォーム入力が面倒だったり入力しづらかったりすると、折角の購買意欲も失せてしまう事に。そう言った事を回避する為にもフォームを工夫し使いやすくする事によって、ユーザーに気持ちよく買物をしてもらう方法がEFO。
郵便番号から住所を調べたりするのもそうですね。操作を少なくすればするほどに、ユーザーの負担と言うのも減ります。売る商品ばかりに目が言ってしまいがちですが、売れる迄考える事が大事です。アクセス解析等で、フォーム迄は行っているのに、売上に繋がっていないのならば、入力フォームが使いやすいかを検証してみましょう。

 

SMO

Social Media Optimizationの略。ソーシャルメディア最適化

この言葉はあまり浸透しませんでしたが、SNSの最適化ですね。FacebookやTwitter,Youtube等からの集客や、ファン作りをしたりと、SNSを上手く活用する方法です。また、各SNS独自での活動をSMOといいます。

 

SEM

Search Engine Marketingの略。サーチエンジンマーケティング

主にリスティング広告からの集客を意味する言葉と思われがちですが、SEOやLPO。アクセス解析や改善等。サーチエンジンに対する全てのマーケティング活動をSEMと言います。今回紹介した方法を総括するのがSEMとも言えます。

 

ユーザビリティ

今回はいれようか迷ったのですが、ユーザビリティというのは、簡単にいうと、見やすさや使いやすさになります。例えば表示されるスピードであったりボタンの押しやすさであったり。広告の位置もそうですね。ユーザーに意識をさせないようにする心遣いではないでしょうか。ユーザービリティやUIやUX等この辺また別の機会に触れていこうと思います。

 

以上となります。
意外と知られていない用語もあるのではないでしょうか。私もこの記事を書いていて思い出した事もありました。もう一度しっかりと学ばないといけませんね。
他にもありましたら、また書き足して行こうと思います。

最後迄お読みいただきありがとうございます。感謝

関連記事