読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキナモノート

SEOやマーケティング、WEB系に役立つ情報を発信しています。好きな事を中心に、文房具の記事もたまに。

必見!SEO対策の基本の方法を分かりやすく解説します。

SEO
このエントリーをはてなブックマークに追加

最終編集日:2015-12-29

はじめに

サイトやコンテンツを作る上で外せないのがSEO対策。
実際にどういう事をするのがSEO対策なのか。今回はGoogleが推奨する内容を元に、イラストも付けて分かりやすくまとめていきたいと思います。SEO対策の中でも基本の部分ですが、今現在これだけでも充分に上位を取る事も可能です。実際にこの記事が「SEO対策」というキーワードで二番目に表示されています。他のキーワードでも上位に表示されている方法です。

自分の再認識用に。これから学ぶ人の参考に、知っている人のおさらいに。この記事が役立つ情報となれば嬉しいです。

※【サイト】と記述するのは【WEBサイト・ブログ】の意味です。
※【コンテンツ】と記述するのは【ページ・記事】の意味です。
※【ユーザー】と記述するのは【検索ユーザー】の意味です。

SEO対策とは

f:id:tubamenote:20150429184555p:plain

まずはSEO対策とは何かを理解しましょう。

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略となります。
日本語にすると、「検索エンジン最適化」
SEO?という感じもあるかも知れませんが、日本語にすると、その意味も分かってくるのではないでしょうか。
検索エンジンに対して理解しやすく作成をし、表示結果の上位を目指す。
また、ユーザーに対して最適な表記をして、検索エンジンからサイトへ正しく導く方法。これがいわゆるSEO対策です。

検索順位を上げ、ユーザーに分かりやすい表記をする事によって、検索エンジンからユーザーをサイトへ導きます。

例えばこのページは「SEO対策」というキーワードで2位に表示されています。何か特別な事をやっている事と言えば今回書く内容がほとんどです。それだけでビックワードで2位を取る事も可能です。
検索エンジンの順位は、Googleが定めている、数百にも及ぶアルゴリズムで決まります。
今回の記事に書く事だけをやっていれば絶対に検索結果の上位に入る訳ではありません。これだけでも入る可能性もあります。
SEO対策に型はあっても、絶対的な正解はないとされています。
検索結果での順位を上げたいと思うのであれば、今回書いていく内容は必要です。

SEOとは、ユーザーの為に行われるべきというのがGoogleの考え方です。SEOの基本を理解し、ユーザーのために検索エンジンから集客出来るサイトを目指しましょう。

#1 コンテンツ

f:id:tubamenote:20150427001419j:plain

コンテンツがあってこそSEO対策が意味を持ちます。いくらSEO対策をした所で、コンテンツに魅力がなければSEOの効果を得る事は出来ません。コンテンツに注力をする事でほとんどのSEOは出来ていると言っても過言ではありません。それほどにコンテンツ制作には一番力を入れましょう。

#1-1 質の高いコンテンツ

SEO対策を考える時に、まずは質の高いコンテンツを作るの事が重要となります。
質が高いって何?と言うのは、一言で言えば、質の高いコンテンツは[ユーザーファースト]であることです。
つまりは、訪れるユーザーにとって、価値があるコンテンツなのか。
ユーザーを満たせるコンテンツこそが、質の高いコンテンツです。
価値は十人十色。訪れるユーザーによって価値は違います。ユーザーが何を求めているのかを探り、様々なコンテンツを用意し、より多くのユーザーにとって価値のあるコンテンツを作りましょう。

また、コンテンツにはオリジナルティが求められます。全く独自性のあるコンテンツが望まれますが、競合と同じような内容であっても、競合サイトには無い自サイトのオリジナリティを出していくようにしましょう。
ユーザーファーストと言うのはユーザーだけを考える事ではありません。あなたの想いや成すべき事をいかにユーザーに役立てる事が出来るか。このような気持ちも大切です。

これらを意識して作られたコンテンツを、質の高いコンテンツと良います。

#1-2 質の低いコンテンツ

自分のコンテンツに自信があるなら、最初から良質なコンテンツを作る事で、高いSEO効果を得る事が出来ます。
しかし、いきなり質の高いコンテンツを作るのは大変。そんな風に思うのであれば、まずは質の低いコンテンツを作らないように注意しましょう。
Googleの言う質の低いコンテンツと言うのは、コピーコンテンツであったり、十分に価値のないアフィリだけのコンテンツであったり、自動生成されたコンテンツ。誘導ページと言った所です。
普通に製品の魅了や自分の想いを書く分には質の低いコンテンツに引っかかる事はありません。しかし実際にコンテンツを見るのは人。

#1-3 ユーザーに対するコンテンツ

ユーザーにとってコンテンツの質というのは異なります。ユーザーファーストを考え、ユーザーを納得させるには、やはりある程度の文字量が必要となります。
しかし文字の量ではなくはなく。ユーザーを納得させるのにどの位の文字数が必要かと言う方が重要です。500文字でも十分なのにだらだらと5000文字以上書いても意味がありません。長ければ良い、短ければ良いとか、数字を追うのではなく、ユーザーを納得させるだけの情報を用意しましょう。

#1-4 まずは作ってみよう

書く事が全然分からない。そんな事もあると思いますが、まずはコンテンツを作ってみましょう。

コンテンツがなければ何事も起きませんからね。作成時には、最低限の情報量でユーザーの求める質の高いコンテンツとならなくても、その後にリライトや価値を高める事によって、良質にしていきます。WEBの良さは修正のしやすさです。
コンテンツを作ったら終わりではなく、愛を持って大事に育てていきましょう。

SEO対策の効果が現れるのは昔よりも早くなってきていますが、即効性があるとは言いづらいものです。
コンテンツをいつまでも出さずにいれば、結果が出るのもそれだけ遅くなってしまいます。
コンテンツを公開すれば、時間と言う価値も付いてきます。公開をする事でユーザーの反応や数字が出てきます。そのようなデータを元に改善をしていきましょう。

質の高い記事と言うのはSNSでシェアされやすくなります。多くのシェアを集める事で、外部からのナチュラルリンクの獲得や露出増加、流入口を増やす事にも繋がります。大事なので何度も言いますが、コンテンツ作りのは最も力を入れましょう。

#1-5 コンテンツ作成の注意点

正しい文法や誤字脱字を無くす事で、Googleに正しくインデックスされる事になります、正しく書くように心がけましょう。
SEOの為にキーワードを詰め込まない。隠しテキストをいれない。このような過去のSEO対策を行うとスパム扱いを受ける恐れがあります。

#2 キーワード

f:id:tubamenote:20150426172841j:plain

コンテンツを作る際に、1つのコンテンツに1つのメインキーワードを設定しましょう。SEO対策で検索上位を狙うためには、このキーワードが重要です。
いくら良いコンテンツがあっても、何に対して書かれた記事なのか分からなければ、どこの検索結果に表示していいのかGoogleも分かりません。検索上位に表示されるようにする為には、メインキーワードの設定と言うのは必要不可欠です。

キーワードの選定というのは、SEOにおいて極めて重要になります。コンテンツにメインキーワードを設定し、補佐するキーワードを2つほど用意します。

例えば

【SEO対策】メインキーワード
【方法】補佐キーワード1
【初心者】補佐キーワード2

SEO対策のキーワードだけでは、幅が広すぎますね。ユーザーの中には。初心者から上級者まで居ますし、SEO業者を探している人もいます。
メインキーワードに補佐キーワード1を付けると、目的が分かってきますね。SEOの方法を探している人。
補佐キーワード2を付ける事で、対象のターゲットが絞れます。ユーザーからみても誰に対して書いているのか分かってきますね。SEO対策の方法を探している初心者が対象です。このような方法をロングテールとも呼びます

後はこの人に向けてコンテンツを作りましょう。キーワードから想像出来るのは【初心者でも分かるSEO対策の方法】みたいな記事ですね。
こうする事でユーザーが求めている情報に正しく導く事に繋がります。

コンテンツに書く内容に関しては、初心者のキーワードなのに上級者向けの内容は向きませんよね。こういう相違は良くありません。キーワードとコンテンツの内容は必ず一致させましょう。それによって、SEOの効力も増します。

#3 ライティング編

f:id:tubamenote:20150426173949j:plain

ライティングでは検索エンジンはもちろんですが、ユーザーに対しての効果が、とても有効です。ユーザーが実際にコンテンツの中身として見る部分です。

#3-1 コンテンツタイトル

タイトルはとても重要です。検索結果に表示される部分なので、タイトル1つでSEOの効果が大きく変わってしまう事があります。
コンテンツの内容と異なるタイトルを書いてしまうと、いくら上位に表示をされてもクリックされなくなってしまいます。
タイトルにはコンテンツの内容と関係ない名前を付けない。内容を想像出来ないような名前を付けない。
コンテンツの内容を分かりやすく、インパクトを持たせる事で、検索エンジンからユーザーをサイトに導きます。

タイトル1つで順位が変わる事もあるので、いかにSEOとして大事かが分かります。もちろん中身であるコンテンツがありきの話ですが、その内容を活かすも殺すもページのタイトル。

メインキーワードを含むタイトルを付ける事は必須。そのキーワードの何を書いてあるのかも含ませます。ただキーワードを羅列するだけではなく、自然な文章となるようなタイトルを付ける事が好ましい。

極端に長いタイトルは避けましょう。キーワードを盛り込みインパクトを狙おうとすると、どうしてもも長いタイトルになってしまいがちです。

検索エンジンに表示されるのは約30〜32文字程度となります。どうしても約30文字以上になってしまう場合は、重要なキーワード部分をタイトルの前半に入れるようにしましょう。
SEOを考えるのであれば、不要なキーワードを盛り込まないようにするのが好ましいので、出来る限る完結に分かりやすくタイトルをつけましょう。

また、違うコンテンツで同じタイトルを何回も使ってはいけません。

#3-2 見出しタグを使う

項目の先頭には<h>タグを使って見出しを付けるようにしましょう。<h>タグと言うのは、h2やh3、h4と言う感じですね。
見出しを付ける事によって、このコンテンツには、何のキーワードについて何が書いてあるのか。クローラがコンテンツの内容や概要を理解しやすくなります。
いい加減に付けるのではなくて、しっかりとその項目や章にあった適切な見出しを付けるようにしましょう。

見出したタグは、CSSで装飾をされたり、目次として利用されたりする部分でもあります。ユーザーから見ても目立つ部分なので。キーワードを盛り込んだ文章にして、しっかりとアピールをしましょう。
<h>タグの使いすぎも好ましくないので、あくまで、項目や章の見出しとして使用しましょう。

※クローラとは

Googleは検索エンジンにインデックスする為に、クローラを使い、世界中のサイトにアクセスをして、自動的にデータベース化するプログラムです。
サイトを正しくクローラに回ってもらうためにも正しいSEOをするようにしましょう。

#3-3 適切なアンカーテキスト

アンカーテキストと言うのは、リンクに使うテキストの意味です。
例えば、コンテンツ内で、自分のサイトの別のコンテンツを紹介した場合に、「詳しくこちら」等としがちですよね?これはNGです。

「リンク先のコンテンツの名前」や「リンク先の簡潔な説明」とする事が好ましいでしょう。こうする事で、クローラはリンク先のページを理解して迷わずに済みます。
また、人が見たとしても分かりやすく迷わせません。何のコンテンツなのかをしっかりと明記してリンクを貼りましょう。


リンクにはリンクのスタイルがあります。青色テキストの下線が付いていると、リンクだと認識をする事が出来ますね。テキストカラー位なら大丈夫ですが、普通のテキストと混同しないように。
また、無駄にアンカーテキストを貼らない事。内部リンクの項でも説明をしますが、むやみに内部リンクをすればいいものではありません。

#3-4 画像の最適化

コンテンツには画像を使う事があります。この時に注意するのは、ファイル名は画像を想像出来るものが良いでしょう。

例えばトラの写真であれば、

良い例:(tiger.jpg)
悪い例:(photo1.jpg image_1)
このようにファイル名を付ける事を心掛ける。また、ファイル名はあまり長くしないようにしましょう。

画像のHTMLには、幅(width)と高さ(height)の指定をしましょう。大きさをあらかじめ指定しておくことで読み込み時間の短縮にも繋がります。

また、代替テキスト「alt属性」を付けるようにします。
これは画像が表示されなかった場合に表示されるテキストです。もしも画像が読み込まれなかった場合に、本来どんな画像が表示されるのかをユーザーが把握出来るようになります。

画像のファイルサイズについても、適切なファイルサイズとなるようにしましょう。
綺麗ならば良い訳ではなく、ファイルサイズが大きいと読み込みに時間がかかります。また、ファイルサイズを軽くすれば良い訳でもありません。汚い画像は見た目がよくありません。
見た目を損なわない程度にファイルサイズを小さく出来るように心がけましょう。

#4 サイト構造

f:id:tubamenote:20150426175057j:plain

正しいサイト構造をする事によって、ユーザーが訪れたコンテンツとは別のコンテンツにアクセスする事に繋がります。分かりやすく整理されたサイトを人は快く感じます。それはクローラも同じです。ユーザーにもクローラにも分かりやすいサイト構成を心がけましょう。

#4-1 カテゴリー

カテゴリーを作る事によって、ユーザーに分かりやすくすると共に、クローラが回りやすくなるようにサイトを構築する必要があります。
カテゴリーはあまり複雑化せずに、分かりやすくする事で、クローラがサイトの細部まで回る事になります。
クローラが回りやすいと言う事は、多くのコンテンツがインデックスされやすくなります。

また、カテゴリー内の1つのコンテンツが評価を受ける事によって、そのカテゴリーの評価もよくなります。カテゴリー内にいくつもの良質なコンテンツがあれば、そのカテゴリー自体がSEO的な力を持ち、検索結果においても大きく影響力を持ってきます。
カテゴリーには適切の名前を付けて、コンテンツを正しくカテゴライズしましょう。

 

f:id:tubamenote:20150427005200j:plain

#4-2 URL構造

URLにはなるべくメインのキーワードを盛り込むようにしましょう。
例えばアナリティクスの記事であれば、/analytics.html とコンテンツのメインキーワードを入れた方が良いでしょう。
もしもキーワードを二つ入れる場合は「-」ハイフンで区切ります。
/google-analytics.html

ユーザーが見た時にもこのページには何を書いてあるのかを判断する事が出来ます。
プログラムにより吐出された数列や日付やid等のような数列が並んでいるよりも効果はあると思います。
被リンクの時にアドレスで貼られても有効的です。

サイトURLの記載やリンクの時には、http:wwwの「www」があるかないのかを統一しましょう。どちらも混在をしているとクローラーは迷いますし、折角の価値が分散してしまいます。

#4-3 パンくずリスト

TOP>カテゴリー>記事のタイトル

こういう感じで記事の上に表示されて居るのを見た事があると思います。
これがパンくずリストです。検索エンジンからやってくるユーザーの多くは、サイトのトップページではなく、コンテンツページに来る事がほとんどになります。
今見ているコンテンツはサイトのどこにあるのかを示すのが、パンくずリストの役割になります。
また、このパンくずリストがあると、クローラも迷わずに、正しくインデックスしやすくなります。ユーザーもクローラーも迷わないように、パンくずを用意しておきましょう。

#4-4 内部リンク

自分のサイト内同士のリンクです。
自分のサイトのコンテンツとコンテンツとをつなぐリンクの事です。コンテンツとトップページをつなぐのもそうですね。そうする事によってGoogleのクローラーがサイトをうまく回る事が出来ます。これでGoogleに正しくインデックスされる事にも繋がります。

ここで大事なのは。関係するページ同士をリンクすると言う事です。関係ないページ同士をリンクしても意味がありません。
同じカテゴリー同士の記事をつないだり、他の関連する記事を紹介したりするような時にリンク貼ります。一般のコンテンツであれば、主にサイドバーや、関連するページ。合わせて読みたいなどで十分でしょう。
多ければ良いものではありませんので、ユーザーファーストを考え、バランスを整えて内部リンクを貼りましょう。

また、ソーシャル等で拡散された記事や、すでにサーチエンジンによって評価されているページからの内部リンクは重要な意味をもちます。
同じカテゴリーのお勧めのコンテンツに絞ってリンクを貼る事によって、その恩恵を受けやすくなります。このようなページは手動で内部リンクを貼るのが好ましい。

#4-5 被リンク

これはサイト外部からのリンクになります。
他のサイトがあなたのサイトにリンクを貼ってくれる事ですね。
昔はこれだけでもSEOはほとんど済んだのではないかと言う位の威力がありました。実態のないサイトからのリンクを沢山付けて検索上位にすると言うのがSEO業者でも流行していましたね。
今では外部リンクからの意味はなくなったと言われます。
しかし、関連性のあるサイトからのリンクというのはまだまだ意味があります。SEOからしたら以前よりはだいぶ小さいかも知れませんが、アクセスを稼げるサイトからのリンクからクローラが周りやすくなりますし、ユーザー視点から考えても1つの流入口としても確保を出来ます。
むやみやたらと外部リンクを増やすのではなく、意味ある自然なリンクを増やせしていけば、現在のSEOにおいても外部リンクは意味を持ちます。

#4-6 descriptionを設定

こちらも今ではほとんど意味をなさなくなったと言われています。
しかし、この部分は検索画面の説明文として表示される事があります。本文中の関連する内容が表示される事もあるので設定しておいた方が良いでしょう。

また、SNSで共有される場合等は、ディスクリプションをスにペット説明分とする場合もあります。時間的に余裕があるのなら設定をしておいた方が良いでしょう。
またすべてのコンテンツで同じディスクリプションにならないように注意しましょう。
キーワードを詰めるだけや、本文のただのコピーではなく、ユーザーが見た時に何のコンテンツか分かるように説明を入れるようにしましょう。

#4-7 サイトマップ

XML用

これは検索エンジン用のサイトマップです。Googleマスターツールから送信をする事が出来ます。
サイトマップを送信をする事で、検索エンジンがサイトやページを探しやすくなります。
コンテンツを検索エンジンが理解すると言う事は、Google(Yahoo!にも)にインデックスされやすいと言う事です。
コンテンツ数が少なければ何もしなくてもインデックスはされますが、サイトマップを送信しておいた方が良いでしょう。
検索エンジンにとって最適な状態でインデックスさせる事が出来ます。
最適な状態でインデックスされる事によって、ユーザーがサイトを探し出しやすくなります。

ユーザー用。

こちらはユーザーが見るサイトマップです。
サイトがどのように構築されているのかをひと目で分かります。
デパート等にいくと、お店の一覧等あると便利に思う時がありませんか?あまり見る事はないのですが、急いでトイレを探す時なんかに役立ちますよね。
サイトやブログにもそういう説明と言うか地図が必要なのです。
見られる事はあまりないかも知れませんが、ユーザーを迷わせない為にも設置しておくと良いでしょう。

#5 ツール

f:id:tubamenote:20150426181423j:plain

#5-1 ウェブマスターツールの活用

ウエブマスターを活用する事によって、サイトマップの送信。サイトの修正点やどのようなキーワードから多くアクセスされて居るのかを確認する事が出来ます。データからSEO対策の改善ヒントを得る事が出来ます。SEOの為のツールと言っても過言ではありません。

#5-2 Google analyticsの活用

高機能なWEB解析ツール。新規かリピーターか。何ページ見たのかすぐに帰ってしまったのかなどのユーザーの分析や、どこから集客出来ているのかが分かる。集計される数値からサイトの改善に役立てる事もにも繋がります。

最後に

f:id:tubamenote:20150429184753p:plain

以上がSEO対策で基本となる部分です。
SEO対策と聞くと、検索エンジンに対してと言うイメージですが、ユーザーもいて、発信する自分自身もいます。

  • 自分:必要としてるユーザーに見てほしい
  • Google:必要としてるユーザーに必要な情報を表示したい。
  • ユーザー:探してる情報が書いてあるコンテンツがみたい。

三者の望みを叶えるもの。それこそがSEO対策ではないでしょうか。

現在、第二部としてコンテンツ製作中です。

最後までお読みいただきありがとうございます。感謝 

 

合わせてご覧下さい。