読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキナモノート

SEOやマーケティング、WEB系に役立つ情報を発信しています。好きな事を中心に、文房具の記事もたまに。

ロングテールSEOの方法を分かりやすく解説。

SEO SEM
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:tubamenote:20150306170811p:plain

はじめに

先日書いた記事ですが、多くの方に、スター、はてブやツイートをしていただけた事を感謝しています。ありがとうございました。
昨日の記事自体にも修正をしたのですが、少し分かりづらい部分がありましたので、今日の記事でフォローをしていきます。
2つ気になる部分がありました。『スモールワード』と『ブログのテーマ』の部分です。

その部分を下記の例を参考に説明していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

スモールワード

例えば、『SKN48(スキナモノート48)』と言う48人のアイドルグループがいるとします。国民的にとても人気のあるグループで、多くの人がブログを作り賑わっています。
SKN48の中でも人気ランク5位迄は抜群の人気を誇り、ファン、それ意外の人も情報を扱うブログはとても多い。ランク30位までもある程度の人気、情報ブログは多い。

あなたも最近SKN48の情報ブログを作りました。沢山の人が来てほしいと思い、人気ランク5位迄のネタばかりブログに書きました。たまにランク30位迄のネタを書いたり。

盛り上がれ俺のブログ!!と思って意気揚々と記事をアップ!人が来すぎたらどうしよう!?なんて思いを巡らせて悩みたりも。

でも全然人が来ない…あれ?あれ?と言う感じですよね。

あなたは人気があるからとランク5位迄をネタに選びました。そこに需要があると思ったのでしょう。確かに多くの需要はありますが、同時に多くの供給もあります。そこに新参者が安々と入れる余地はありません。となります。

おいおいスモールワード狙えばいけるんじゃねえのかよ?な感じですよね。ここに落とし穴があります。スモールワードの中でも大小があります。最初は、より少ない方のニッチなキーワードを狙います。

今回の例でいえば、

『SKN48 ○○ トップ5の名前』○○の部分は写真、動画、情報だったり色々です。

これを、先日書いた3つのワードに分けると、


SKN48 ビッグワード
○○ ミドルワード
人気ランク5位迄の名前 スモールワード(大)


SKN48 ビッグワード
○○ ミドルワード
人気ランク6~30迄の名前 スモールワールド(中)


SKN48 ビッグワード
○○ ミドルワード
人気ランク31~48迄の名前 スモールワールド(小)


SKN48 ビッグワード
○○ ミドルワード
ランク外 スモールワールド(ほとんど独占市場!?)

上記のように順位が下がる程にニッチなマーケットがあります。順位が下がる程に競合も減っていきます。スモールワードの中でもニッチなキーワードを狙うと言うのはこういう事です。
まずは上の例③を狙う事で確実に開拓をしていきましょうと言う意味です。31~48迄を制覇したら満を持して②へ乗り込みます。そしてゆくゆくは①へと。

④は一応書いておきましたが、このマーケット(市場)をあなた自身が盛り上げて人気ランクを上げられるような事があれば、市場はどんどんと大きくなっていきます。上の例では、ここが本当のニッチといえる所かも知れませんが、今回は参考までに。

主要テーマ

そしてもう一つの落とし穴ですが、ブログの主要テーマはあくまで『SKN48』です。たとえば38位のアイドルの『小島優子』が居るとしますよね。

『小島優子』を主要テーマにしてしまうと、あなたのブログのビッグワードは『小島優子』になり、ゴールも『小島優子』になってしまいます。
すなわち『小島優子』の検索では上位に表示されるようになっても『SKN48』の上位に表示されるようになりません。小さい市場がゴールになってしまうと言う事です。

主要テーマ=ビッグワード=ゴールと言う考え方も出来ます。

ゴールは『SKN48』です。この市場に入り込む為に『小島優子』と言うニッチな市場を開拓するのです。『SKN48』の中に『小島優子』と言うカテゴリーを作るイメージです。

もちろん『小島優子』をゴール(ビッグワード)にしても良いでしょう。ランク3位の『前島麻衣』をゴール(ビッグワード)にしても良いでしょう。それはあなたが目指すゴールによっても変わってきます。

違うパターンで言えば、『SKN48』をゴールにして、ミドルワードがランク3位の『前島麻衣』としてみましょう。ここでニッチなスモールワールドを考えてみると、
『SKN48 前島麻衣 脇』かなりニッチですね(笑)
フェチやマニアックと言われる所ですね。『え~そんな所好きなの?』こういう所に小さいながらもニッチでコアな市場があります。こんな風に想像力を働かせて、色々パターンを考えるんです。

最後に

今回フォロー編として書いてみましたが、少しは分かりやすくなったでしょうか。ちなみに私はAKB48は余り良く知りません。分かる人は卒業してしまって、今では小嶋陽菜位までは分かりますが。みんな同じに見えてしまう老化現象の表れのせいもあって…(笑)
おっと、そろそろ時間です。

それでは、みなさん。楽しいブログライフを!

最後までお読みいただきありがとうございます。感謝。